横浜でスマホ修理をするときのパターンとは

横浜には、たくさんのスマホ修理のお店があります。それだけたくさんの人が横浜市内でスマホを持っていることを意味しているわけです。新しい時代の到来と言われているスマホの存在ですが、非常に機能が高い反面故障するととても不便です。この場合には、横浜にあるスマホ修理のお店に依頼すると良いかもしれません。

横浜のスマホ修理のお店に行く人は、様々な問題を抱えているケースがあります。よくある例の1つは、電池交換やガラスのひび割れですが、特にガラスのひび割れは致命的といえます。電池交換に関しては、電池の寿命が短くなるだけでスマホそのものが使えなくなるわけではありません。充電器を持ち歩けば、一時しのぎをすることは不可能ではないわけです。

ところが、画面に問題が生じた場合には画面を閲覧することができなくなるケースもあります。よくあるのは、ガラスが割れている上に液晶まで壊れてしまった場合です。液晶に衝撃が走ると液晶そのものが故障し七色の光が出て画面が見えなくなることがあるでしょう。電源が入っているかどうかすら把握することもできず、非常に不便になります。

液晶の問題だけでなく、画面が浮いていることなども考えられます。これは、最近発売されたスマホではあまりありませんが、少し前に発売されたものにはよく起こる現象です。長年利用していると、劣化が始まりディスプレイの部分が本体から分離してしまうことがあります。あるいは、バッテリーが劣化することにより本体の中で膨張してしまい、画面が押し出されることにより浮いてしまうわけです。

このときには、ほぼ自分で修理をすることは難しいでしょう。明らかに使いにくいと感じた場合や、そもそも使うことができない場合にはスマホ修理のお店に行くことで問題を解決することは可能です。もし、診断をした結果電池の膨張が考えられる場合は電池を交換すればほぼ問題は解決されます。これに対して、ディスプレイの部分が分離してしまっている場合には、ディスプレイそのものを交換しなければいけません。

この場合には、2万円位のお金がかかる可能性もあります。かかる費用に関しては、お店によって異なりますが正規品を利用すればその分だけ高くなりがちです。だからといって、正規品以外のものを利用しても保証がつかないなどの問題も考えられるでしょう。保証がつかない場合は、修理料金は安かったとしてもまたすぐに壊れてしまい結果的に高くなる恐れもあるため注意が必要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.