横浜のスマホ修理店と正規店との違いは?

日本国内で利用されているスマートフォンのメーカーは様々な種類がありますが、その中でも特に圧倒的なユーザーを誇るのがAppleから販売されているiPhoneシリーズだといわれています。年々機能性もバージョンアップしており、見た目もスマートでおしゃれなので若い世代から高齢者まで幅広い利用者がiPhoneを選択していますが、機能性が高い精密機械だからこそ、扱いを間違えると破損や故障を起こしてしまうリスクも高くなります。特に年々薄型化していることもあり、ズボンのポケットに入れたまま座ってしまったり、落として画面割れや基盤が破損をして動作が悪くなるといった不具合が起こる危険が高いです。故障は放置しておくと確実に状態が悪くなるので、できるだけ早めにメーカーが認可している修理窓口に持ち込む必要がありますが、最近では横浜のスマホ修理店に相談をするという方も非常に増えてきています。

初めて修理対応をする方などは、AppleStoreなどの正規窓口と横浜のスマホ修理店といった非規制窓口の違いやそれぞれのメリットやデメリットがわからないという方も少なくありません。まず前者の正規窓口は大きく分けてAppleStoreと携帯会社のキャリアショップなどが当てはまり、特徴として端末の初期不良であれば無料で交換が可能であり、本体交換でiPhoneを丸々交換することができるので不具合自体が改善負荷でも対応が可能であることや、AppleCareに加入していれば費用面を抑えて修理を受けられるメリットがあります。ただデメリットとしてデータの初期化によりデータが消えてしまうことや、修理には事前予約が欠かせないので修理完了までに時間がかかってしまう、修理料金が高いデメリットが挙げられます。後者である横浜のスマホ修理店などの非正規店は、iPhoneやスマートフォン専門の修理店を指しますが、運営実績の高い信頼性の高い店舗であれば修理の質は高く、部品の品質管理やスタッフの技術研修を徹底しているので安心です。

メリットは最短で20~30分程度で即日修理をしてもらうことが可能で、データの初期化を行わずに修理すべき箇所のみ対応するスタイルなので、データのバックアップが出来ないときも安心です。そして予約は不要であり、店舗が空いていればすぐにその場で修理をしてもらうことが出来ます。反対にデメリットとして、安すぎる修理業者を利用すると品質の悪い部品を使用されてしまい、修理後に不具合が発生してしまったという場合や、非正規店で修理を受けることで今後正規窓口で対応してもらえなくなる可能性があることが挙げられます。それぞれの違いや特徴を理解した上で、利用するべき店舗をきちんと選ぶようにしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.