エイジングケアのためのクレンジング剤の選び方

subpage01

年齢肌が気になり始めたら、早めにエイジングケアを始めることが大切です。

クレンジングのエイジングケアの情報が更新されています。

日々のスキンケアも大事ですが、クレンジングによって肌に負担をかけることが老化につながっていることも多いので、エイジングケアに最適なクレンジング剤を選ぶためにいくつかのポイントを覚えておく必要があります。



選ぶ際の要素として、自分のメイクの濃さや年齢、現在の肌コンディションを見ておくようにし、季節や状態によって見直しを行うことも忘れてはいけません。肌質から選ぶ場合、普通肌でナチュラルメイクなら優しい洗浄力のクリームやオイルフリーのジェルで十分です。

しっかりメイクの人はオイルやリキッドが基本ですが、毎日使うと肌ダメージが重なってしまいますので注意が必要です。オイリー肌の人はサッパリ感のあるタイプが適していますのでジェルが合っていますが、エイジングケア目的で選ぶ時には低刺激の水性ジェルの方が安心です。
乾燥肌に向いているのは刺激の少ないアミノ酸系の界面活性剤で作られているクレンジングジェルであり、アルガンオイルのような油脂系もオススメです。



クレンジングの主な目的はメイクを落とすことですが、含まれる成分によっては美肌効果も得られます。

油脂系オイルのコメヌカ油にはビタミンEが含まれていて抗酸化作用がありますし、プラチナやゴールドコロイドが含まれている場合も酸化を防げます。

保湿成分も含まれていた方が良いのですが、油溶性はスキンケア時の水溶性成分の浸透を妨げますので避けた方が無難です。